結婚指輪を贈ろう

男性が結婚の約束として、婚約の記念に女性に贈るのが婚約指輪です。
夫婦となる男女がペアで付ける指輪を結婚指輪と呼びます。
婚約指輪は一般的にはプロポーズ時に差し出すことが多いですが、後で二人で買いに行くこともあります。
婚約指輪に付いている宝石はダイヤモンドだけでなく、真珠や誕生石の場合もあります。
婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれます。
結婚指輪とは、結婚式に夫婦となった二人がお互いに交換するペアリングです。
結婚後も日常的に指にはめて過ごします。
結婚指輪は二人の結婚の証となり、目に見える証拠となります。
結婚指輪はシンプルなデザインのものも多く、婚約指輪よりも値段が手ごろで、マリッジリングと呼ばれます。
マリッジリングとは、結婚式の目玉である指輪交換で使用し、お互いの左手薬指にはめます。
結婚指輪は生涯にわたり左手薬指にはめておくので、プラチナリングなどシンプルなものが好まれます。
結婚指輪の裏側には、挙式の日付や二人のイニシャル、メッセージなどを入れることができます。
結婚指輪など指輪のサイズはあらかじめ決まっていますが、オーダーメイドなども受け付けています。
自分がほしい指輪のデザインがなかったり、欲しい指輪のデザインがあったらオーダーメイドに頼みましょう。